カダルカフェヒロサキ(Kadaru@Cafe HIROSAKI)

弘前観光サイト

弘前Navi

弘前市、明治時代創業の和菓子屋さんのアップルパイをご紹介

青森県弘前市の名産品と言えば生産量日本一と言われるりんごです。
そのため弘前市ではアップルパイを扱っている洋菓子店がたくさんありますが、その中でも今回は和菓子を取り扱っている店舗のアップルパイについて紹介したいと思います。

お店の名前は「菓子司みしま」です。
和菓子屋さんでアップルパイってちょっと想像できない方が多いと思います。
そこで今回は菓子司みしまが取り扱っているアップルパイについて紹介したいと思います。 

創業120年を超える地元の和菓子屋さん

 

参考:食べログ

青森県弘前市にある「菓子司みしま」。
こちらのお店は明治38年(1905年)、日露戦争の講和条約が締結された年に創業され、今年で120年ほど続いている老舗の和菓子屋です。

現在の店主は創業から数えて4代目の店主で、創業以来同じ土地でずっと和菓子を提供しています。

そのため、地元・弘前の方々から長年親しまれている町の和菓子屋さんですが、「菓子司みしま」では創業以来ずっと続くコンセプトの元お客様へ和菓子を提供しています。

菓子司みしまの店主は「創業以来、和菓子を購入されるお客様へおいしいと喜んで召し上がっていただける和菓子作りを続けています。」と仰っていました。
創業以来続けているコンセプトを守り続けている「菓子司みしま」ですが、ちょっと変わったアップルパイを提供しています。
いったいどのようなアップルパイを提供しているのでしょうか。 

洋菓子のアップルパイとちょっと違う菓子司みしま

参考:食べログ

菓子司みしまでは「パイ饅〈1個160円税込〉」と呼ばれる和風のアップルパイを販売しています。
こちらのアップルパイは洋菓子店で販売しているアップルパイとはちょっと違います。

皆様はアップルパイと言えばどのようなイメージを持っていますか。
丸い円形で、パイ生地の中にりんごが入っている洋菓子をイメージされると思いますが、菓子司みしまのアップルパイは洋菓子店のアップルパイとどのように違うのでしょうか。

まず菓子司みしまのアップルパイは円形ではなくて、半月の形をしています。
次に洋菓子のアップルパイと菓子司みしまのアップルパイの違いは、パイ生地です。

通常アップルパイの生地は網目状で、サクサクしているイメージを持っている方が多いと思います。
しかしながら菓子司みしまのパイ饅の生地はしっとりとした食感の柔らかい生地で作られています。

このように菓子司みしまのパイ饅は洋菓子店で販売しているアップルパイとはちょっと違い特徴的ですが、パイ生地の中には弘前市鰺ヶ沢町〈あじがさわまち〉の農家さんから直接仕入れているリンゴ紅玉を使用。

こちらの農家さんから仕入れた紅玉をりんごジャムにし、パイ生地の中へ練りこんだ和風のアップルパイ・「パイ饅」ですが、パイ生地のしっとり感とりんごジャムの酸っぱさが相まって、とってもおいしいお菓子に仕上がっています。

またパイ饅は一口サイズの大きさで、ついつい何個も食べてしまいたくなります。
地元・弘前市の方や観光客から人気の高いアップルパイです。

弘前市へ来たら菓子司みしまのパイ饅をぜひ召し上がってみてください。 

買えたらラッキー菓子司みしまの超人気お菓子とは

参考:食べログ

菓子司みしまの「パイ饅」も非常に人気のお菓子ですが、こちらではパイ饅と同じぐらい人気のお菓子を販売しています。
そのお菓子の名前は「バターどら焼き〈1個130円税込〉」です。

菓子司みしまのバターどら焼きは歴史が古く、バターと北海道産のつぶあんを使用した昔ながらのどら焼きで、レシピを40年ほど前に他の企業様から受け継ぎました。
しかしながら一日限定100個の限定品で、すぐに売れてしまうほど大人気のベストセラー商品のため、地元・弘前の方でもなかなか買えないそうです。

お店の小ウィンドウにバターどら焼きの札が貼ってありましたら、是非とも購入して一度召し上がってみてください。
何個も食べたくなる癖になるお味です。 

創業以来受け継がれてきたようかん三種セット

菓子司みしまではパイ饅と呼ばれるアップルパイやバターどら焼きの他にもたくさんおいしい和菓子を販売しています。
その一つにようかん三種セット〈540円税込〉と呼ばれる和菓子があります。

こちらのようかん三種セットは創業当時から作られている和菓子で、創業当時は冷蔵庫などがなく、日持ちする和菓子を販売するには何がいいか模索した結果、ようかんを販売することになったそうです。
ようかん三種セットは、栗がごろっと入っている栗ようかん、紅玉を使用したりんごの甘酸っぱさを感じるりんごようかん、山ブドウのようかんの3つのセットです。

特に特徴的なのは山ブドウのようかんです。
山ブドウは岩木山で収穫した山ブドウを使用しますが、酸味や渋みが強くて生で食べられません。
そのため岩木山で採れた山ブドウの果汁をようかんへ入れて作っているそうです。
山ブドウのようかんのお味は山ブドウの酸味とようかんの甘さがマッチして、観光客の方や地元・弘前の方から長年愛されているそうです。

4年に一度開催される〈現在は新型コロナウイルスの影響もあり中止〉全国菓子大博覧会にも出品されたことがあるようかん三種セット。
気になる方はぜひ購入されてみてはいかがでしょうか。 

津軽の郷土玩具を模した和菓子

津軽藩由来の下川原焼人形とchicoriのコラボ

参考:まるごと青森

津軽地方には鳩笛〈はとぶえ〉と呼ばれる玩具があります。
鳩笛はその名の通り鳩の形をした笛で、鳩のお尻の方から息をそっと吹きかけ「ホーホー」と鳴らして遊ぶおもちゃです。
昔から津軽地方の郷土玩具として親しまれてきました。

菓子司みしまではこの鳩笛を模した焼き菓子〈140円税込〉を販売。
鳩の可愛らしい見た目が特徴的ですが、焼き菓子を割ると中には白あんが登場。
この白あんには秘密があり、白あんだけですととっても甘くなってしまうため、とろろ昆布を練りこむことで程よい甘さを演出。  

鳩笛はほんのりとした甘みと香ばしさを感じさせ、昔ながらの和菓子を味わうことができます。
こちらの和菓子も老若男女問わず人気の高い一品ですので、弘前へ来たらお土産におひとついかがでしょうか。 

味を落とさないように販売していく

最後に菓子司みしまは今後どのようにお店を運営していくかなど伺うことができましたので、紹介したいと思います。

菓子司みしま店主「春の季節や夏の季節になると、地元の皆様だけでなく観光客も私のお店へいらっしゃって和菓子を購入されます。
今後の展望としましては、味を落とさないように一生懸命努力して和菓子を作っていき、県内外たくさんの方へ召し上がっていただけるよう、今ある商品を残していきたいと思っています。

また若年層の方にも好まれるような和菓子を考えて、販売していければと思っています。」
このように仰っていました。

若年層の方にも好まれるような和菓子も今後考えていけたらと仰っていましたので、今後はどのようなお菓子を販売していくのかも楽しみですね。
今後の菓子司みしまの展開にもご注目下さい。 

まとめ

今回は様々な和菓子を販売している弘前市の菓子司みしまについて色々と紹介しました。
余談ですが、菓子司みしまが作っている和風のアップルパイ「パイ饅」。

こちらは弘前コンベンション協会が作成した、弘前市内のアップルパイを紹介しているアップルパイマップに掲載されています。
他のアップルパイと食べ比べしながら、パイ饅を味わうのも弘前の楽しみ方の一つとしてオススメですので、ぜひお試しください。

今後も弘前市にある飲食店やアップルパイを販売している店舗など様々なことについて紹介していきたいと思いますので、お楽しみに。

店名:菓子司みしま
場所:青森県弘前市和徳町39−1〈弘前駅から車で約6分〉
営業時間:8:30~18:30
定休日:無し
TEL:0172-32-4729
HP:https://www.hirosaki-kanko.or.jp/details.html?id=CNT00405101632423238 

 

紹介されたサービスへの評価を投稿してみてね!

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments